<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2015年漕ぎ始め! | main | 1月24、25日 >>
2015年弓ケ浜漕ぎはじめ!
弓ケ浜合宿2015年スタート!
今年は1月からです。グー

毎年冬から春の季節にかけて、
月1回のペースで訪れる弓ケ浜。
この場所には特別な思い入れがあります。顔
 
6年程前、DKさんが午前10時過ぎに茅ヶ崎をOC1で出発。
100キロ以上の距離を休憩なしで漕いだ際、
その日の夕陽が沈む時、
海面にできる太陽の沈む道に導かれ
日没と同時に偶然辿り着いたのがこの”弓ケ浜”でした。

奇跡的なあの日から きっと何だかの道は出来ていたのでしょう。
この季節、毎月のように引き寄せられ、導かれ訪れています。光

P1092064.JPG

1泊2日の合宿ですが1日前からダウンウインドをやりたい
人が弓ケ浜に入ります。

海にむかって思いっきり
「ひさしぶり!帰って来たよー」
と叫びたい、、そんな感じ。手スマイル
いつも泊まる民宿のおかみさんも
「おかえりなさい!」と出迎えてくれて笑
まるで自分の家に帰って来たみたいな感じで
とても快適な場所です。顔

P1092057.JPG
左から50代、20代、60代、40代、30代。
と賑やかで年齢差なしのワイワイ楽しい仲間たち。
すてきなオハナ。笑

P1092058.JPG
葉山から車で4時間。
さて、これから待ちに待ったダウンウインドだ!手
P1092063.JPG
CIOGとDUKEさん

海を渡る事や漕ぐ事を
言葉でいろいろいう人は多いけど
実際、日本で淡々と海を渡る事を
行動で実行している少数の人たちの中の二人。

相変わらずDukeさんも
この寒空にも関わらず、裸で雨や強風以外、
栄養補給なしポリシーで
毎日最低20キロは漕いでいるし
CIOGこと塩島さんは言うまでもなく
シーカヤックで海を渡る事にかけては
おなじみ有名なスーパーな人。
このお二人はスゴイです。

オーシャンは二人の海を漕ぐスーパーアンクルが
いて幸せかもしれません。笑
P1092077.JPG
Dukeさん息子とコース確認。
P1092082.JPG
P1092087.JPG
祈ります。
P1092089.JPG
P1092094.JPG
クルクル、潮の流れがすごいな〜波
P1092103.JPG
爪木崎の灯台から、、
発見!
P1092106.JPG
あちらにみえるは、、
くっきり利島。
P1092109.JPG
弓ケ浜から爪木崎までのダウンウインド。
風は7メートルくらいだったらしいですが
やはり迫力、パワーとも外洋は違います。
P1102131.JPG
起床。温泉に入り、散歩。
とても静か。。
若宮神社へお参り。樹齢800年のクスノキ。
この浜の目の前に800年前からここに行きてます。
1200年の日本といえば、鎌倉時代か〜、、。

P1102136.JPG
さて今日は石廊崎からダウンウインドを
スタートということで石廊崎前の神社へも。
P1102141.JPG
向こうに見えるはカヌーを積んで到着の車。
P1102145.JPG
さて、用意オッケー!
P1102152.JPG
スタートです。
ヒデも今回で何度目かな〜。もうベテランです。
ダウンウインドは大のお得意です。
P1102154.JPG
P1102156.JPG

われながら、偶然であったとしても
すごいパワーの写真だな〜と。光
実際のこの景色をみた時も、、すごいエナジーでした。
思わず鳥肌で震えそうでした。

まさにPaddle for Mother Earthきらきら
海に抱かれ、導かれ、地球の自然と同化し、
海を漕ぐ原始海洋人(kupuna)の魂を持つ人たちをみました。
きっと彼らだけでなく他にも沢山沢山いるはず・・・・
何万年も前に存在ししていたけれども、、
絶滅種のように絶滅してしまった
原始海洋人(kupuna)の魂を引く人々。
(今の人間とは全く違う生き物であった原始海洋人)

P1102168.JPG
P1102169.JPG
そして、この外洋のうねりの中
彼らは彼らだけでなく、
Kupunaの魂を背負い共に漕いでいるようでした。

P1102177.JPG
向こうに見えるのは大島。
くっきり、、そして近いな〜。
古代存在していた原始海洋人間には 私たちには見る事は
できないあの島までの道が はっきり見えてたのでしょう。

私たち人間は道がなくても陸に道をつくり
いろんな場所へ行き その場所と場所をつなぎます。

原始海洋人は海に毎日でて気候、風、潮の流れ、
うねり 天候のうつりかわりを予測し、
海の上に道をつくり 島と島を結んでいたのでしょう。

そんな彼らのエナジーがまだ強く感じる事ができる
この南伊豆の海です。

きっと風や天気、潮の流れによって
毎日違う道が見えてたはずです。

P1102181.JPG
今の私たちにも
こんな岩と岩の間を通る道であれば
「ここを行けばいいんだ」と
しっかりはっきりとわかります。
でも原始海洋人においてはそれと同じように、
大海原の中にはっきりと島までの海の道が
見えていたのかもしれません。

P1112318.jpg

人によって見える道も違っていました。
たとえば、、ケニー。
彼はうねりを乗り継いでうまく前に進む道が見えます。
前を向いて漕ぎながらも
後ろからのウネリを感じる事ができます。
彼のような人に見える道は、
きっと島までの近道だったのでしょう。

そして、ヒデ。
彼もケニーほどではないけど、
うねりをみながら前に進みます。
彼のような人にはケニーよりも
少し時間のかかる道が見えてたのでしょう。

そしてじんちゃんや大ちゃんや山ちゃん。。
彼らのような人には、
もう少し島までのんびり到着できる道が見えてたでしょう。

天候や海の状態により、同じ原始海洋人でも
道が見える人と見えない人との
能力的な個人差があったのでしょう。

もちろん、今、海を漕ぐ彼らにはそんな道はみえません。
しかし、そんな道を見れるようになりたいという
彼らの奥のそんな魂が、彼らを漕ぐ事へ
駆り立ててるのかもしれません。

P1102202.JPG
さて、、午後からはみんなが到着!
P1102208.JPG
P1102215.JPG
P1102217.JPG
この浜、土地に眠るスピリットへ畏敬の念を唱えます。
地球の平和、海、自然、森羅万象への祈り。
Voyagingピープルとして祈りを唱えます 。
光
P1102223.JPG
P1102232.JPG
P1102241.JPG
P1102247.JPG
一番星!みっちり漕いだあとは、、宿舎へかえり温泉。
そして新年会。
P1102250.JPG
さっそくメンズは、とったビデオでフォームチェック。
P1102251.JPG
木屋さんからカニの差し入れ。ありがとうございます!ハート
P1102254.JPG
CIOGが所属する南伊豆ウクレレボーイズのみなさんが
きてくれました。みんな大喜び〜!lp
ウクレレボーイズのテーマソングが最高ですグー

森本さんはじめ、南伊豆を愛する素敵な人たち。
地元を愛する気持ちがとても感じられて
幸せな演奏でした。感謝です〜。♪
ハワイアンのメロディーにのせて、
ケイコ姉さんとあゆちゃんのフラ。
見とれてしまうほど、最高に素敵でした。スマイル

P1112283.JPG
日の出の時間にあわせて、、恒例の
タライ岬の日の出を拝みに。
P1112286.JPG
皆で感謝を込めて e ala eを唱えます。
ハワイのアンクルからカヌーピープルの生き方として
e ala eを教わりました。
日の出と一日の始まりに感謝する祈りです。感謝

P1112287.JPG
昔きっといた日本海洋民族にも
海に出る前に唱える 同じようなチャンティングがあったはず。
それは日本には残念ながら残ってはいないのだけど 
ハワイの同じ海洋民族の仲間が教えてくれた
同じ意味をもつチャンティングを心をこめて唱えます。 感謝
きっとこの場所に眠るスピリットへ 魂のどこかで通じるはず。 

P1112290.JPG
タライ岬までの道のりも楽しい道のり。
樹々のざわめき、鳥の声。
自然に抱かれ感謝しながら、一歩、一歩。

P1112297.JPG
帰ると朝食。
今回いっしょにきたボーイズ4人。
お兄さんのけんちゃんはじめ横山3兄弟。
お手伝いです。ハート

P1112298.JPG
P1112301.JPG
今日は風17メートル。びっくり
初めて挑戦の大ちゃんと山ちゃんに
念をおしてコース説明と注意点を長々と説明。
このコースは誰でも挑戦できるものでなく
技術と経験を得たものだけ、、
それでも安全は第一に大切です。
P1112305.JPG

この素晴らしい海でのダウンウインドのコースは
誰でもができるものではない。
これを体験できる人は日本でも何人かしかいない。
その何人かの一人なのだから、しっかりと
サポートしてくれる人達への感謝を忘れず、、
そして安全を第一に無茶をしないで漕ぐ事。
とのお話あり、、
たしかに、、これを体験できるのは
選ばれ、そして努力した人だけ、、。

P1112306.JPG
P1112308.jpg
kupunaに祈りを捧げます。光
P1112329.jpg
全員1時間20分程で到着。

P1112337.JPG
山ちゃん、大ちゃん。
すごかった!!楽しかった!と笑顔で到着。ピース
P1112343.JPG

美しい爪木崎に到着の4人。音符
おつかれ〜!
P1112347.JPG
ここからバトンタッチ!
漕ぎ始めたばかりのトシちゃん。
SUPで鍛えているだけあってさすがです。グー

風が強いので湾の内側だけを、、パドルします。
「あっちに出たら、大島にながされるよー」
と脅されて(笑)みな慎重に爪木崎の岩のまわりを
グルグル丁寧にまわります。笑
P1112351.JPG
P1112357.JPG
きれい〜。きらきら

P1112359.JPG
初OC1の啓子姉さん。
なんか、絵になっているのであります。lp
祝初OC1♪
P1112361.JPG
P1112370.JPG
こちらもあゆちゃん!祝初OC1!!グー
P1112372.JPG
P1112383.JPG
きれい〜、みとれてしまいます〜光
P1112384.JPG
ちえちゃんも初OC1であります。
みんな、美しい海に惹かれて、、、導かれて
初OC1経験!グー
P1112385.JPG
P1112394.JPG
午後からは、風があまりに強いので青野川へ。
しかし、川も風がブローしてて漕ぐのが大変そうだな〜
みっりち3時過ぎまでランチもせず漕いで、、
あつ〜い温泉に入り、、大満足。グリーン


P1112395.JPG
宿舎のおかみさん手作りのミカンゼリーをいただきました。ハート
こういう真心がとてもうれしく、、感謝です。光
P1112396.JPG
合宿のしめ。顔
ミカンゼリーに夢中のワタル。笑
Dukeさんの話を皆と同じ感じでしっかり聞いている
けんちゃん。お兄さんになっていてびっくり。グー
もう、中学生だとか。。ハート
最初の弓ケ浜合宿の時も来たよね!
その時はまだワタルくらいだったっけ?
子供達の成長を見れる事は幸せです。

P1112397.JPG
残ったミカンゼリーを美味しく食べるワタル。
この合宿では子供達がみんな
ものすごーく、かわいかった。音符どら

さて、次回の合宿も楽しみですね〜!ハート
今回、お世話になった南伊豆の人たちへ感謝をして
2015年第一回合宿終了です!
次回の日程はメーリスでお知らせします。グー
COMMENT









Trackback URL
http://blog.oceanaloha.com/trackback/535
TRACKBACK