<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 気仙沼大島への旅 | main | 8月23.24日 >>
お盆休みの週末
P8160148.JPG
お盆休み、風はつよいけど、ずっとお天気は快晴。太陽
P8160151.JPG
何度も海に出ます。
P8160170.JPG
お祈り。
大切な時間です。
陸から海へ、、自分をリセットする時間。
陸や人間の世界とは全く違う世界へ。
海に感謝し、自分自身を真っ白にリセットします。
陸での事や感情は何も海へは持ち込みません。光

もちろん、それは、そう簡単な事ではないけど、、
まず、そうでなくては、
いつまでたっても海とひとつになる、、に近い感覚には
なれないのではないか。。と。
世の人としてではなく
地球の人としての成長の大切な時間。光

P8160173.JPG
洗われる気持ちでハート
P8160179.JPG
P8160193.JPG
いってらっしゃい!
P8160182.JPG
P8160198.JPG
P8160223.JPG
P8160225.JPG
おつかれさまでした。顔

P8170232.JPG
さて今年も神明社のお祭り御神輿の日です。スマイル
P8170234.JPG
P8170235.JPG
P8170245.JPG
P8170259.JPG
P8170260.JPG
何かしら?笑
P8170266.JPG
横山3兄弟。笑い 今年からはタケシも参加。
4兄弟揃うのが楽しみですねハート
P8170270.JPG
P8170275.JPG
P8170278.JPG
P8170301.JPG
P8170310.JPG
元気な3人娘。いいな〜♡ハート
P8160411.JPG
そんな今週末、茅ヶ崎ではSUPの世界大会が、、
ケニーは招待選手として出場。
まだSUPでは練習した事のない海の状態に挑戦中。
P8160422.JPG
初めての経験でもある、この波の状態でのターンに必死。
なかなかできません。というわけで
「ターンの練習を死ぬ程しなきゃ」だそうです。ウインク
P8160448.JPG
OC1では乗りこなせても、SUPで板の上に立って
こーんな海の状態に苦戦しながら、漕いでいました。
どんな海の状態にでも受け入れられるのには
まだまだ海と向かい合う時間が必要みたいですね。笑
P8170334.JPG
大浜からは、ケニーの応援&伴走艇練習に出発。
伴走艇Darkstarといっしょに茅ヶ崎まで漕ぎます。
P8170335.JPG
疲れた3兄弟は、、こんな感じ。
でもアキラだけは船酔いでずっと苦しそう。水
あとの二人は熟睡。笑

P8170562.JPG
こちら、10キロの最終レース。スタートです。
状況は、横からのかなり強い横風。汗
ん〜。これは大変だわ。。みんな、すごいな〜。
と感心しながら見学。

P8170570.JPG
沖にpilialohaとdarkstarを発見!!!
わ〜。葉山からきたんだ〜。
浜からみていた私はなんだか嬉しくなりました。光

そんなケニーはなんだか、、あれ?
漕ぎはいつもと違うし、、たまに立ったまま突っ立ってる。
ケニーをよく知ってる人はみてすぐわかる状態で、
私も、応援で漕いで行ったオハナも
心配になってしまうほどでした。

もちろん、スタートして外人招待選手は問題外で
早いのですが、日本人の中でも3位。
差は広がり、なかなか前にもつめられません。汗

P8170588.JPG
Go! Kenny!
とみんなの声は嬉しかったにちがいない。。笑
いつもいっしょに漕いでるオハナの絆、
ありがたみを感じました。

いい時も悪い時も時間をずっと共にすごしてきたからできた深い絆。
そんなオハナの存在は有り難いかぎりです。ハート

P8170584.JPG
後からケニーに聞いたところによると
腕がパンパンに張り漕げなかったらしいです。
しかし、最後追い上げなくては。という気持ちがあったので
最初の2周は、無理せずどうにか調整しながら
漕いでいたとの事でした。

P8170593.JPG
最後3週目、目の前に現れたケニーは
日本の選手二人を追い抜いて日本人ではトップに。
かなり差があったから、びっくり!
最後、外人選手一人にも追いつきそうな勢いで
追い上げてきました。

私たち浜からみていた者には見えなかったのですが、
応援にきていたオハナたちは
日本人二人の選手を追い上げ追い越した
瞬間をみて、感動したとのことでした。
「絶対に最後まで諦めてはいけない。」
という事を現在Molokai Hoeに向けて
必死で練習している彼らに
メンズコーチのケニーとして、
メッセージを行動で彼らの目の前で
残せたのではないかと思います。

P8170605.JPG

ゴール手前で外人選手を追い抜きそうなところで
落ちてしまったケニー。笑
ここがまた、、
「ま〜だま〜だ、これからだよ!ここはケニーにはまだ抜けないよ」
との神様からのメッセージだったのでしょうね。ウインク
これから”初心忘れるべからず”
この落ちた写真は大切に部屋に貼っておいてもらおうかな〜。笑
 
P8170617.JPG
あの横風の中でものすごく苦しいレースだったと思います。
ゴール。おつかれさま!光

P8170618.JPG
沖にいたオハナたちは5時までに帰らなくてはいけないらしく
急ぎで漕いで帰っていきました。ハート
帰りはかなりの風で海があれてかなり大変だったみたいだけど
すごくいい感じだったそうです。音符


P8170680.JPG
トップ10に入り表彰台に。
日本人では1位になりました。おめでとう!
でも課題が沢山またできたね。
それは、楽しみ、楽しみ。
越えるべき山が目の前にあるのは、
ケニーには最高の喜びでしょう。
海から漕ぐ事から沢山の事を教わりますね。光

ちなみにこのレースの様子。ケニーのブログはこちら。


P8170338.JPG
応援組もロングパドリング、チェンジ練習
応援観戦から、、沢山の事を得て、大浜に元気に到着。ハート

P8170342.JPG
素敵なオハナたち。記念撮影。
海から、、漕ぐ事から、、挑戦することから、、
これらを通して
いつも、みんな、いっしょに成長してる。
そんな事を感じました。グリーン
COMMENT









Trackback URL
http://blog.oceanaloha.com/trackback/520
TRACKBACK