<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 7月19.20日 | main | 7月27、28日 >>
Hoe Va'a Voyaging大島 2014 レポート
オーシャンでは、その日を
The Dayという。きらきら
「かけがえのない与えられた
Voyagingに導かれるその日」をいいます。

海に出る私たちにとって、
天候、海の状況に全て左右される。
Voyaging、島渡りとなればなおさらだ。

日程、伴走艇の都合、パドラーの都合、
それらがどんなに揃っても、
自然条件が整わなくてはVoyagingはできない。

どんなに私たちが予定をたてて万全で用意しても
The Dayは私たちにあわせてくれない。

あちらの都合であちらからやってくる。
人間の、こちらの都合はおかまいなし。
それがThe Dayきらきら
それに私たちがあわせるのが鉄則。

Voyagingの日は私たちが決めるのでなく
自然が決めるのだ。感謝
「自然に私たちがあわせるという事」
それは、現代の人間社会でも忘れている事。

便利なものや、快適な環境。
そんなものをつくり得意げになり
なんでも自分の”〜したい”ように
私たちの都合にあわせ自然を
コントロールしてはいけないのだ。

海出る事でとことん”待つ”事を教えられる。
The Dayがくるのはいつなのか
私たちはただ、待つしかない。
自然を敬い待つしかない事を
教えてもらう。。

ということで、今年はすでに2回のVoyagingの予定が
中止になってしまっていた。
予定では新島、式根島まで漕ぐはずだったのだが
The Dayはきてくれなかった。

そんな私たちに6日前ほど、、急に
The Dayがやってきそうな、、予感が。。
しかし、1日だけしかその日は訪れなさそうなので
大島を一日で去年のように往復する事にした。

しかし、どんなに天気予報が正確性があるとしても
The Dayはその日にならなくては
わからないのだ。

P7210283.JPG
7月21日 海の日。
4時半、大浜。
The Day is coming!光

P7210285.JPG
大島の方へ、、カヌーと一体になり祈りを捧げます。

P7210288.JPG
エドさん笑顔で到着。ニコッ

P7210299.JPG
私たちの都合はおかまいなしに
急にやってきた The Day。
タイミングがピッタリあって
今日、航海ができるオハナたち。きらきら
そして早朝、仕事前に見送りにきてくれたオハナたち。スマイル

P7210312.JPG
 e ala e
毎日、当然のように朝陽が昇る。
その多大なる恵みに感謝を捧げます。
カヌーピープルの1日のはじまりです。きらきら

P7210307.JPG
P7210305.JPG
東西南北へ、最後に海に向かって
ホラ貝をふきます。
P7210309.JPG
いつもと同じように、海に出る前に祈ります。

祈りは「〜できますように」などという願いや求めでなく、
地球、海、大島、そしてこの海を渡って来たkupunaたち。
その存在への感謝。
そして今ここに導かれた事への感謝です。感謝

P7210317.JPG
ファーストクルーと
送りに来てくれたみなでpilialohaへの祈りきらきら

P7210321.JPG
スタート。
P7210324.JPG
P7210332.JPG
朝陽が、、、。
e ala e....
P7210344.JPG
エドさん、よろしくお願いします!ハート

P7210345.JPG
うしろに葉山がみえます。
マウイのラハイナみたい、、。顔

P7210348.JPG
厳しく、みなの漕ぎをチェック。笑
P7210356.JPG
P7210357.JPG
引き波にのり、聖也がついてきます。

P7210363.JPG
1時間ずつ漕いで、チェンジします。グー
P7210369.JPG
ケントはケニーの側で解説をききながら。lp
P7210374.JPG
Oceanのロゴが海に映り。。。♪
P7210376.JPG
P7210386.JPG
P7210396.JPG
まるで鏡。
ものすごくフラットな海面。風もなく、、、。
P7210412.JPG
水が冷たくてきもちいい!
P7210418.JPG
P7210424.JPG
「もっと、パドル、下もって〜」
などなど、、。細かく。

P7210429.JPG
早朝4時集合だもんね。眠い〜。lp
船の上は快適です。
P7210432.JPG
漕ぎの指示が続きます。
P7210438.JPG
wahineもしっかり1時間漕ぎます。花
P7210446.JPG
動画撮影中グー
P7210449.JPG
P7210450.JPG
エドさんと運転交替!
大ちゃん。手
P7210457.JPG
P7210459.JPG
マグロがピョンピョン飛び跳ねてます。魚
漁船をいくつもみかけました。

P7210561.JPG
お腹もすきます。バナナ
P7210564.JPG
P7210565.JPG
朝陽はみえたけど、、その後は
ずっと曇り。♪
おかげで、そう暑くなく快適です。ハート

P7210717.JPG
きもちよくて、、ついつい睡眠。笑い
P7210576.JPG
P7210583.JPG
タンカーも横切ります。
P7210585.JPG
2時間漕いだあともまだまだ元気!
今日は一人5時間は漕ぐもんね。グー

P7210586.JPG
リラックスしてる人〜夏
P7210599.JPG
鏡みたいにフラットだった海の表情も
外洋にでると変わってきます。
P7210605.JPG
P7210606.JPG
P7210652.JPG
P7210664.JPG
1時間漕いで、交替、、を続けます。
みんな、1時間漕いだ後も、笑顔でとても元気。笑

P7210675.JPG
P7210686.JPG
P7210696.JPG
P7210712.JPG
ちょっとハンドルを握りました〜ピース
P7210715.JPG
大島岡田港がくっきりみえてきました。
目指すは泉津の港。笑い

P7210718.JPG
リラックス〜♪
P7210720.JPG
大島到着!11時30分。
5時にスタートだったので6時間半。

P7210722.JPG
泉津の港に到着です。木
P7210726.JPG
お腹すいた〜。
予約していたお弁当をとりに、、。蜂
P7210727.JPG
小さい港は、何にもなくてとても快適。
人もいない、何もない。顔

でもお弁当屋さんはある!null
なんてラッキーな〜。ハート

P7210736.JPG
ついてすぐ、、みんな、休憩。
だけど、さすが大ちゃん。笑
4男児の現役パパ。元気だわ〜。遊び心も現役です。

P7210738.JPG
「かやぶき」の手作りお弁当はとても美味しかったです。顔

P7210740.JPG
P7210741.JPG
みんな必死で食べる。。汗
P7210742.JPG
おしゃべりしながらwahineも楽しいランチタイム。グリーン
P7210743.JPG
エドさん以外は「量が少ない、、、」と足りなさそう。笑
次は一人二つくらい食べれるね。グー

P7210744.JPG
暑い、、岩盤浴気分暑い。といいながらも横になります。
リラックス〜。汗 暑いけど、、。

P7210746.JPG
1時。そろそろ出発!音符
出発前に記念撮影。

P7210752.JPG
エドさん、大ちゃんと運転交替グー
P7210758.JPG
P7210763.JPG
大島出発!音符
P7210774.JPG
P7210775.JPG
ほんとに、、つれるのかな〜。。笑

P7210780.JPG
water change. グー
P7210788.JPG
大浜へ向かいます。
P7210792.JPG
幸せな空気。ハート
つかれてても、気持ちがいい〜。ハート

P7210801.JPG
P7210803.JPG
みんな、早起きだったもんで、
海の上の快適さでウツロウツロ、、。
ちーちゃん、おやすみなさーい。音符
P7210806.JPG
りこちゃん音符音符
P7210815.JPG
さえちゃんスマイル
P7210818.JPG
P7210830.JPG
P7210831.JPG
東が少し入って斜め後ろからのダウンウインド。

P7210841.JPG
2匹シイラがつれました。null

P7210858.JPG
6時大浜到着には、ここでメンズが一気に
追い上げる必要があり。。笑
という事で、ピッチをあげてがんばります。手

P7210917.JPG
ずっと曇っていたのだけど、、
夕陽が、、みえました。ハート
P7210946.JPG
P7210960.JPG
最後、大浜まではwahineががんばってくれます。ハート

P7210964.JPG
P7210968.JPG
1つのエナジーで進むカヌーは
夕陽に抱かれてものすごく美しい。光光

P7210975.JPG
いつもの海に帰ってきました。ハート
P7210976.JPG

ただいま〜!笑


出迎えてくれたオハナたち。スマイル
浜で待っててくれる人がいるのは、、
こんなに嬉しい事なんだね。きらきら


夕陽に抱かれて、、。
帰りは5時間半。ウインク



みんな5時間はそれぞれ漕いだ。
でも、本当に元気。ハツラツ。している。

最後、体力をふりしぼって、みたいな感じでなくて
みんなで元気にかえって来れた。グリーン


みんなで一つのエナジーとなり、海を渡った
一人一人が全体である。
〜連帯〜という言葉を久しぶりながら感じました。

今のどちらかというと個人主義の時代にあっては
連帯ってあまりいいイメージがないかもしれない。
でも、その”連帯”である事のすばらしさを感じた。

連帯とは「お互いがむすびついていること」
「共同で責任をおうこと」。
まさにその通り、海の上で、大自然に受け入れられ、
下は17歳から上は53歳まで、
全く同じエナジーで漕いで渡る、、
そんなVoyagingはすばらしかったです。光

P7210988.JPG

エドさんとDarkstar靴蓮笠島へもどります。音符

ありがとう〜。ハート
pilialohaが女性なら
それを横で支えるDarkstar靴話棒かな。ハート
とてもいいパートナーでした。♪
pilialohaも素敵なボーイフレンドができてうれしそう。笑

そんな彼らのおかげで海を渡る事ができました。

P7210979.JPG


P7211004.JPG
夕陽に抱かれ、記念撮影。夕陽

120キロ、葉山大島往復のVoyaging.。
いろんな事を考える必要はないんだよ。
ただシンプルに謙虚に海だけに向きあうだけ
そこから全てが導かれるのだという事を
教えてもらった。きらきら

もし、太古の昔からVoyagingのスピリット、きらきら
神様がいるのなら、
私たちがVoyagingをしたのではなく、
Voyagingのスピリットが今の時代に必要な事、
忘れかけている大切な事、
それらを私たちを通し強く働きかけてくれた。

私たちは今回、それにただ参与させてもらう者。
その幸せをかみしめた、海の上での12時間でした。  ちゅん

これから、頻繁にThe Dayに導かれたら
その時導かれたパドラーや条件の内で
近場から少し遠くまでどんどん
Voyagingに出ようと思います。

4年前、オーシャンというカヌークラブが出来た時の目標。
「目指すは、みなで調和し、島から島へ、
海を渡れるアウトリガーカヌークラブ」

というのを再確認しました。  



そして、、
待ってる人がいると信じているから、きつくても頑張れる・・・
心配かけないように少しでも早く帰ろうと努力する。
古代から続くVoyagingの真髄なんだとつくづく思いました。
Mahalo akua,
Mahalo na aumakua,
Mahalo na kupuna,
Mahalo na makua,
Mahalo Ocean ohana!!!

ビデオもつくりましたので是非ごらんください。lp

 
最初の、、ヤスさんの平和な「いってきまーす」ではじまり
また、「いってきまーす」でおわる、、、
またVoyagingに行くぞ!
というビデオです。lp
COMMENT









Trackback URL
http://blog.oceanaloha.com/trackback/516
TRACKBACK